×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

民事訴訟について 悪質な取り立てについて

民事訴訟について

法律 クレジット サラ金 ヤミ金 悪質金融
借金整理
・任意整理
・自己破産
・調停
・民事再生法
信用情報機関
・CIC
・全情連
・テラネット
・CCB
・CRIN
・JBC
個人情報保護法
・@15条
・A16条
・B17条・18条
・C23条
・D24条〜27条
・E31条
借金の時効
・請求
・差し押さえ
・承認
保証人
・保証人とは?
・保証人の原則
法律
・貸金業法
・利息制限法
各種手続き費用
・任意整理
・自己破産
・民事調停
・民事再生法
悪質商法
・示談屋
・整理屋
・買取屋
・紹介屋
・弁護士
悪質金融の実例
・ヤミ金融関連
・整理屋、事件屋
・押し貸し
・買取屋
・紹介屋
借金の相談先
・弁護士
・民主商工会
・貸金業協会
・各自治体の法律相談所
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター
<取り立て禁止行為>
<刑事処分>
<行政処分>
<民事訴訟>
<損害賠償請求>
<時効債務の請求>

内容証明郵便

貸金業者(債権委託業者)が貸金業法21条・割賦販売法の取り立て規制、に違反して取り立てを行った場合には、今後一切このような取り立てをしないようにとの通知書を内容証明郵便で出すことができます。又、内容証明郵便を出す際には配達証明付きにした方が良いでしょう。
内容証明の書き方は、以下の通りです。

内容証明の書き方

行政処分


取り立て禁止行為の行政処分


取り立て禁止の仮処分

貸金業者(債権委託業者)が貸金業法21条・割賦販売法の取り立て規制に違反して取り立てを行った場合には、裁判所に取り立て禁止の仮処分を申し立てることができます。(取り立て禁止行為の証拠品として録音等をする必要があります)
*取立禁止の仮処分は1〜2週間で決定が出されるので即効力があります。

債務不存在確認訴訟

債務を完済したのに請求された場合には、貸金業者の事務手続きのミスが考えられます。このような場合には貸金業者に対して電話を等の連絡で、了承してもらうことができます。しかし、貸金業者が納得しない場合には、返還債務が存在しないことを確認し、本当に返還債務が存在しないのであれば貸金業者に対して債務はもう存在していないという事を認めさせる訴訟、債務不存在確認訴訟を提起する事ができます。
*債務不存在確認訴訟を提起するには、債務者が支払ってきた返済の領収証や契約書の控え等を準備しておかなくてはなりません。




カテゴリ
・業者
・強制執行
・生活
・保証人
借金返済や多重債務の相談サイトTOP

借金返済や、多重債務でお困りの方、トラブルを抱えている方必見です。債務整理、自己破産、任意整理にかかる費用や弁護士費用など、借金整理にかかる費用についての解説など、借金のトラブルについて全て解決できるようにする「無料総合サイト」です。

RINK-海釣渓流釣り情報入門館-初心者のWord(ワード)基本操作入門-初心者のかんたん麻雀入門
・新規文書の作成・文書の保存・文書の開閉・ヘルプの起動・ひらがな、漢字の入力・英数字、カタカナの入力
・文字列、段落の選択・文字列の書式設定・文書書式の設定・図、クリップアート、テキストBOXの設定・表、行、列の挿入
・図形と直線・文書の見出し・本文・文書印刷・電子文書
Copyright (C)2007−2010 借金返済や多重債務の相談サイト.All Rights Reserved.