×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保証人(保証人の原則) 保証人

保証人の原則

法律 クレジット サラ金 ヤミ金 悪質金融
借金整理
・任意整理
・自己破産
・調停
・民事再生法
信用情報機関
・CIC
・全情連
・テラネット
・CCB
・CRIN
・JBC
個人情報保護法
・@15条
・A16条
・B17条・18条
・C23条
・D24条〜27条
・E31条
借金の時効
・請求
・差し押さえ
・承認
保証人
・保証人とは?
法律
・貸金業法
・利息制限法
各種手続き費用
・任意整理
・自己破産
・民事調停
・民事再生法
悪質商法
・示談屋
・整理屋
・買取屋
・紹介屋
・弁護士
悪質金融の実例
・ヤミ金融関連
・整理屋、事件屋
・押し貸し
・買取屋
・紹介屋
借金の相談先
・弁護士
・民主商工会
・貸金業協会
・各自治体の法律相談所
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター

保証人の権利

求償権
保証人や連帯保証人には、自分が業者(債権者)に支払った金額は主たる債務者(借主)に対して求償(後で返してもらう)することができます。
民法95条・96条
債権者に「保証人としての責任は追求しませんから形式的に署名してほしい」など騙されて保証契約を締結したとしても、保証契約の無効、又は取り消しを主張できます。
書面の交付
保証契約を締結しようとする時、保証金額、保証期間等、当該保証契約などの内容を保証人になろうとする者に交付しなければなりません。又、保証契約を締結した時にも契約の内容を明らかにする書面を当該保証人に遅滞なく交付しなければなりません。(貸金業法17条2項、4項)


勝手に保証人にされた場合

保証人と債権者の間に保証契約が締結されたわけではないので、保証人としての責任はありません。ただ、問題になるケースとして妻が夫の印鑑と印鑑証明書を持ち出し連帯保証人にして借金したり、親戚や友人から印鑑を借りたりして借金する場合があります。このような場合、裁判所の判断は、債権者は連帯保証人に連絡して、代理権限を与えるかどうかを確認すべきとしています。つまり保証人契約の無効です。

自己破産

債務者が自己破産した場合、免責決定を受けても保証人や連帯保証人の責任はなくなりません。債権は保証人に請求されます。保証人側の対応は以下の通りです。
・債権者に支払う。
・任意整理する。
・自己破産する。



カテゴリ
・クレジット契約の仕組み
・消費者金融の仕組み
・借金整理の仕組み
・消費者金融の法律
借金返済や多重債務の相談サイトTOP

借金返済や、多重債務でお困りの方、トラブルを抱えている方必見です。債務整理、自己破産、任意整理にかかる費用や弁護士費用など、借金整理にかかる費用についての解説など、借金のトラブルについて全て解決できるようにする「無料総合サイト」です。

RINK-海釣渓流釣り情報入門館-初心者のWord(ワード)基本操作入門-初心者のかんたん麻雀入門
・新規文書の作成・文書の保存・文書の開閉・ヘルプの起動・ひらがな、漢字の入力・英数字、カタカナの入力
・文字列、段落の選択・文字列の書式設定・文書書式の設定・図、クリップアート、テキストBOXの設定・表、行、列の挿入
・図形と直線・文書の見出し・本文・文書印刷・電子文書
Copyright (C)2007−2010 借金返済や多重債務の相談サイト.All Rights Reserved.