×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

買取屋の実例 悪質金融の実例

買取屋の新聞記事

法律 クレジット サラ金 ヤミ金 悪質金融
借金整理
・任意整理
・自己破産
・調停
・民事再生法
信用情報機関
・CIC
・全情連
・テラネット
・CCB
・CRIN
・JBC
個人情報保護法
・@15条
・A16条
・B17条・18条
・C23条
・D24条〜27条
・E31条
借金の時効
・請求
・差し押さえ
・承認
保証人
・保証人とは?
・保証人の原則
法律
・貸金業法
・利息制限法
各種手続き費用
・任意整理
・自己破産
・民事調停
・民事再生法
悪質商法
・示談屋
・整理屋
・買取屋
・紹介屋
・弁護士
悪質金融の実例
・ヤミ金融関連
・整理屋、事件屋
・押し貸し
・紹介屋
借金の相談先
・民主商工会
・貸金業協会
・各自治体の法律相談所
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター

A社<平成17年11月5日付で処分>

秋田県の男性(44)は多重債務で、返済に困っていた時に折り込みチラシの「借金の一本化、低利融資」という広告を見て、その業者に電話で融資の申し込みをした。業者から、「あなたの信用性を見たい。クレジットカードを使い電気店で50万円程度の商品を購入して当方に送ってほしい。」と言われ、パソコンその他50万円分の商品を購入して業者に送った。すぐに口座に10万円が振り込まれたが、貸付については「審査が通らない」等と言われ融資されなかった。

G社<平成18年2月7日付で処分>

島根県の女性(31)は新聞広告で、「低利融資」という広告を見て、その業者に電話で融資の申し込みをした。業者は「クレジットカードで電化製品を買ってくれば、換金する。その金で今までの借金を減らせば、融資を受けられる」などと偽って、クレジットカードを使ってパソコンやDVDレコーダーなど74点を購入させ商品をだまし取った。同社は同様の手口で、38都道府県の約230人から総額約1億6800万円分の電化製品をだまし取ったとみて詳しく調べている。

N社<平成18年9月24日付で処分>

東京都の男性(25)は雑誌で低利を謳っている金融業者の広告を見て融資を申込んだところ、電器店でパソコン等の電化製品を50万円相当分購入して送付すれば8割で買取ると言われた。その後、クレジットカードで購入し、指示通り業者へ送ったが、翌日10万円入金すると言われた。約束が違うので抗議したが聞き入れてもらえない為、警察に被害届を出した。


Y社<平成19年7月3日付で処分>

東京都の男性(43)は新聞の折り込みチラシで「借金の一本化、低利融資」という広告を見て、その業者に電話で30万円の融資の申し込みをした。すると業者は男性を銀座に呼び出し、「信用調査の為」と言って29万円の 高級腕時計をカードで購入。その場で時計と引き換えに9万円を渡されたが、融資は 受けられなかった。

E社<平成19年11月13日付で処分>

北海道の女性(30)はサラ金3社から150万円の借入れがあった為、雑誌で「借金の一本化」等を謳っている金融業者の広告を見て電話し、その業者に一括融資を申し入れたところ「パソコン2台、デジカメ1台を購入して送れば、それを換金して口座に振り込む」と店と機種を指定された。 女性は、クレジットを組んで購入した商品を送ったが、9万5000円しか振り込まれず、融資もされなかった為、警察に被害届を出した。

★現在でも買取屋は存在しますが、その数は減り、これに代わって「クレジットカードでお金」や「クレジットカード現金化」などをうたい文句にしている「クレジットカード換金屋」が流行しています。




カテゴリ
・取り立て禁止行為
・刑事処分
・行政処分
・民事訴訟
・損害賠償請求
・時効債務の請求
借金返済や多重債務の相談サイトTOP

借金返済や、多重債務でお困りの方、トラブルを抱えている方必見です。債務整理、自己破産、任意整理にかかる費用や弁護士費用など、借金整理にかかる費用についての解説など、借金のトラブルについて全て解決できるようにする「無料総合サイト」です。

RINK-海釣渓流釣り情報入門館-初心者のWord(ワード)基本操作入門-初心者のかんたん麻雀入門
・新規文書の作成・文書の保存・文書の開閉・ヘルプの起動・ひらがな、漢字の入力・英数字、カタカナの入力
・文字列、段落の選択・文字列の書式設定・文書書式の設定・図、クリップアート、テキストBOXの設定・表、行、列の挿入
・図形と直線・文書の見出し・本文・文書印刷・電子文書
Copyright (C)2007−2010 借金返済や多重債務の相談サイト.All Rights Reserved.