×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金の時効の中断事由(差し押さえ・仮差し押さえ・仮処分)について 借金の時効

差し押さえ・仮差し押さえ・仮処分

法律 クレジット サラ金 ヤミ金 悪質金融
借金整理
・任意整理
・自己破産
・調停
・民事再生法
信用情報機関
・CIC
・全情連
・テラネット
・CCB
・CRIN
・JBC
個人情報保護法
・@15条
・A16条
・B17条・18条
・C23条
・D24条〜27条
・E31条
借金の時効
・請求
・承認
保証人
・保証人とは?
・保証人の原則
法律
・貸金業法
・利息制限法
各種手続き費用
・任意整理
・自己破産
・民事調停
・民事再生法
悪質商法
・示談屋
・整理屋
・買取屋
・紹介屋
・弁護士
悪質金融の実例
・ヤミ金融関連
・整理屋、事件屋
・押し貸し
・買取屋
・紹介屋
借金の相談先
・弁護士
・民主商工会
・貸金業協会
・各自治体の法律相談所
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター
時効とは一定の事実状態が一定期間継続した場合に、その開始時にさかのぼって権利の取得や消滅を認める制度で、「取得時効」(一定期間、所有していると、そのものの所有権を取得できる取得時効)と「消滅時効」があります。
借金に摘要される時効とは、「消滅時効」です。
消費者金融等の貸金業者からの借金であれば、弁済がない状態が一定期間続き、その間時効の中断事由がない時には、最初から借金がなかった事になるのです。
民法において、債権の消滅時効は10年間とされていますが、借入先が、銀行や消費者金融、クレジットカード等の法人であると、商事債権としての時効が摘要される為、債務者の借金は5年間で時効にかかります。
又、借入先が法人ではなく、個人の場合には、民法と同様、時効期間は10年間となる為、注意が必要です。
*注意:借入先が個人の貸金業者であっても、商法502条8項(「両替その他の銀行取引」)により、商事行為としての時効期間(5年)が摘要されるケースもあります

請求権の種類 消滅時効の期間
・判決で確定した債権
・個人間のお金の貸し借り
・個人間の売買代金
10年
・家賃、地代
・商行為による債権
・退職金
・消費者金融からの借り入れ
(5年ではない場合もあります)
5年
・請負代金
・不法行為による損害賠償、慰謝料
・離婚の慰謝料
3年
・売掛金
・給料、塾等の月謝
・離婚による財産分与
2年


消滅時効が成立していれば、時効で債務が消滅している事を主張して支払いを拒絶する事が出来ます。しかし、通常、貸金業者は時効中断の手続きを取ってきます。この中断事由には3つの方法があります。
このページでは「差し押さえ」・「仮差し押さえ」・「仮処分」について解説します。

差し押さえ・仮差し押さえ・仮処分

債権者(銀行、消費者金融、クレジット会社等)が、差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分等を裁判所に申し立てた場合は、今までの時効の期間がゼロに戻り、また一からカウントされます。(例…給料の差し押え等)

消滅時効の援用

消滅時効が成立していても、その債権回収業者(債権回収委託業者)に内容証明郵便等を送付して消滅時効の援用をしなければ借金は消滅しません。
*債務承認するような記載をすると逆に時効は中断してしまいますので注意が必要です。

請求
承認




カテゴリ
・金銭貸借契約
・金利
・トラブル
・差し押さえ禁止財産
・不動産担保金融
・株式担保金融
・自動車担保金融
・手形・小切手担保金融
借金返済や多重債務の相談サイトTOP

借金返済や、多重債務でお困りの方、トラブルを抱えている方必見です。債務整理、自己破産、任意整理にかかる費用や弁護士費用など、借金整理にかかる費用についての解説など、借金のトラブルについて全て解決できるようにする「無料総合サイト」です。

RINK-海釣渓流釣り情報入門館-初心者のWord(ワード)基本操作入門-初心者のかんたん麻雀入門
・新規文書の作成・文書の保存・文書の開閉・ヘルプの起動・ひらがな、漢字の入力・英数字、カタカナの入力
・文字列、段落の選択・文字列の書式設定・文書書式の設定・図、クリップアート、テキストBOXの設定・表、行、列の挿入
・図形と直線・文書の見出し・本文・文書印刷・電子文書
Copyright (C)2007−2010 借金返済や多重債務の相談サイト.All Rights Reserved.