×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

整理屋の実例 悪質金融の実例

整理屋・事件屋の新聞記事

借金整理
・任意整理
・自己破産
・調停
・民事再生法
信用情報機関
・CIC
・全情連
・テラネット
・CCB
・CRIN
・JBC
個人情報保護法
・@15条
・A16条
・B17条・18条
・C23条
・D24条〜27条
・E31条
借金の時効
・請求
・差し押さえ
・承認
保証人
・保証人とは?
・保証人の原則
法律
・貸金業法
・利息制限法
各種手続き費用
・任意整理
・自己破産
・民事調停
・民事再生法
悪質商法
・示談屋
・整理屋
・買取屋
・紹介屋
・弁護士
悪質金融の実例
・ヤミ金融関連
・押し貸し
・買取屋
・紹介屋
借金の相談先
・弁護士
・民主商工会
・貸金業協会
・各自治体の法律相談所
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター

1)A社<平成17年10月付で処分>

大阪府の男性(59)が「複数ある借金を1本化しますよ」等と書いてある広告チラシに載っている業者に電話し、業者へ200万円の融資を申し込んだところ、融資の前に融資枠を取るための手数料や保険救済制度加入のための保険料を払うよう指示され、49万円を郵送した。
その後も融資はなく、業者とも連絡がつかない為、警察に被害届を出した。

2)H社<平成18年3月付で処分>

千葉県の男性(20)は2年前、車の事故を起こしたが、保険が使えず相手に賠償する為に、サラ金から100万円借りた。返済ができなくなり、他のサラ金から借りては返すことを繰り返すうちに、1000万円もの金額となってしまった。
返済が困難なので、1社からまとめて借りようと大手雑誌の広告を見て業者に電話し、1000万円の融資を申し込んだ。しかし融資の前に「融資枠はあるので信用を付ける為」等といって56万円の手数料を要求してきた。
男性は、業者の要求通り、銀行口座に56万円振り込んだが、その後、融資はなく、業者とも連絡がつかない為、警察に被害届を出した。

3)D社<平成19年6月付で処分>

神奈川県の女性(34)は生活費や遊興費にあてる為、サラ金、信販会社などから借金をした。そのうちに借金返済の為の借金となり、400万円もの金額となってしまった。
返済ができなくなったが、もう借りるところはないと思っていたら1000万円まで無担保、無保証人、金利10%等と記載されたDMが女性宛てに届いた。
電話し500万円の融資を申し込んだところ、業者は「500万円融資した際の利息(先引き)がかかる」等といって 30円要求してきた。
女性は業者の要求通り、銀行口座に振り込んだが融資がされない為、警察に被害届を出した。


4)T社<平成19年7月付で処分>

東京都の女性(25)はスポーツ新聞の広告「一本化」「即日銀行振込」「融資額1000万まで」「ブラックOK」「独自審査」「簡単審査」「融資に自信あり!」等を見て業者に電話し300万円の融資を申し込んだところ、業者は「整理手付金」などの名目で、手数料15万円を要求してきた。
女性は業者の要求通り、銀行口座に15万円振り込んだが、その後、融資がない為、警察に被害届を出した。




カテゴリ
・取り立て禁止行為
・刑事処分
・行政処分
・民事訴訟
・損害賠償請求
・時効債務の請求
借金返済や多重債務の相談サイトTOP

借金返済や、多重債務でお困りの方、トラブルを抱えている方必見です。債務整理、自己破産、任意整理にかかる費用や弁護士費用など、借金整理にかかる費用についての解説など、借金のトラブルについて全て解決できるようにする「無料総合サイト」です。

RINK-海釣渓流釣り情報入門館-初心者のWord(ワード)基本操作入門-初心者のかんたん麻雀入門
・新規文書の作成・文書の保存・文書の開閉・ヘルプの起動・ひらがな、漢字の入力・英数字、カタカナの入力
・文字列、段落の選択・文字列の書式設定・文書書式の設定・図、クリップアート、テキストBOXの設定・表、行、列の挿入
・図形と直線・文書の見出し・本文・文書印刷・電子文書
Copyright (C)2007−2010 借金返済や多重債務の相談サイト.All Rights Reserved.