×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

貸金業者について 借金整理で起きる問題について

貸金業者

借金整理
・任意整理
・自己破産
・調停
・民事再生法
信用情報機関
・CIC
・全情連
・テラネット
・CCB
・CRIN
・JBC
個人情報保護法
・@15条
・A16条
・B17条・18条
・C23条
・D24条〜27条
・E31条
借金の時効
・請求
・差し押さえ
・承認
保証人
・保証人とは?
・保証人の原則
法律
・貸金業法
・利息制限法
各種手続き費用
・任意整理
・自己破産
・民事調停
・民事再生法
悪質商法
・示談屋
・整理屋
・買取屋
・紹介屋
・弁護士
悪質金融の実例
・ヤミ金融関連
・整理屋、事件屋
・押し貸し
・買取屋
・紹介屋
借金の相談先
・弁護士
・民主商工会
・貸金業協会
・各自治体の法律相談所
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター
<業者>
<強制執行>
<生活>
<保証人>

業者の取り立て

借金整理をしようと思っていることを貸金業者等が知っている場合には、悪質な妨害行為等をしてくる場合があります。こうした悪質な業者の業務行為を規制する為の法律として、貸金業法があり、この法律に違反する場合には、監督行政庁(金融庁、各地の財務局、都道府県貸金業指導係)は業務の全部又は一部の停止や登録取り消し等の行政処分をすることができます。又、貸金業者が法人の場合には、代表者や従業員等の行為者が罰せられる他に、法人に対しても貸金業法の定める罰金刑が課せられます。

業者への対抗法

1)貸金業法21条1項9号は、貸金業者は債務者より債務の処理を弁護士、司法書士等に委託したことの通知を受けた後や、調停その他の裁判手続きをとったことの通知を受けた後に、正当な理由なく債務者に支払い請求することを禁止しています。そこで上記のような通知書を出した後でも厳しい取り立てを受けた場合には、監督行政庁に苦情申し立てをして、行政指導を求めることができます。クレジット業者(信販会社)については、割賦販売法の通達違反を理由として経済産業省に対して行政指導の申し入れをします。

2)裁判所に取り立て禁止の仮処分を申し立てましょう。

3)弁護士等に依頼して、貸金業者等に受任通知書を送付してもらいましょう。

監督行政庁への行政処分を求める申告書の書き方


慰謝料請求

上記のような対抗策を取っても、なお貸金業者等が債務の取り立てを行う場合には、貸金業者等に対して裁判所に慰謝料請求等の損害賠償請求訴訟を起こすことができます。




カテゴリ
・クレジット契約
・クレジットの法律
・クーリング・オフ
・金利
・クレジットトラブル
・リース
・リース契約トラブル
・クレジットカード犯罪
借金返済や多重債務の相談サイトTOP

借金返済や、多重債務でお困りの方、トラブルを抱えている方必見です。債務整理、自己破産、任意整理にかかる費用や弁護士費用など、借金整理にかかる費用についての解説など、借金のトラブルについて全て解決できるようにする「無料総合サイト」です。

RINK-海釣渓流釣り情報入門館-初心者のWord(ワード)基本操作入門-初心者のかんたん麻雀入門
・新規文書の作成・文書の保存・文書の開閉・ヘルプの起動・ひらがな、漢字の入力・英数字、カタカナの入力
・文字列、段落の選択・文字列の書式設定・文書書式の設定・図、クリップアート、テキストBOXの設定・表、行、列の挿入
・図形と直線・文書の見出し・本文・文書印刷・電子文書
Copyright (C)2007−2010 借金返済や多重債務の相談サイト.All Rights Reserved.